スマートフォンのカメラを使って、見映え良く撮影するには

もしあなたが、携帯電話やスマートフォンのカメラで、
アプリケーションソフトでの加工を一切せずに
「少しでも見映えの良い写真を撮りたい」という方は
大変役に立つ内容です。

いまでは当たり前になっている携帯電話のカメラ機能ですが、
手軽に雰囲気を変えることができます。

 

【携帯電話(スマートフォン)内蔵カメラ性能の基本】

 

・「撮影の性能」

基本的には「コンパクトデジタルカメラとほぼ同じ」です。

 

「画質の良さ」

画質の良さは、基本的に

デジタル一眼レフカメラ > コンパクトデジタルカメラ > 携帯電話内蔵カメラ

の順番となります。

 

「速報性の良さ」

しかし「速報性の良さ」になると、逆になり

携帯電話内蔵カメラ > コンパクトデジタルカメラ = デジタル一眼レフカメラ

となります。

携帯電話内蔵カメラは、もちろん携帯電話内に写真が残るので、
すぐにメールやインターネット上に投稿ができるという
メリットがございます。
これは、デジタル一眼レフカメラと違い、大きな差です。

 

【どんな感じで撮影されるの?】

まずは、下の写真をごらん下さい。

写真 フォーカス 測光

こちらはツリーを撮影した比較写真です。

 

同じ写真ですが、
ピントの位置を変えるだけで背景の明るさが違うことがわかります。

最近の内蔵カメラは、
画面をタップするだけでピントをその位置に合わせられます。
伴って、シャッタースピードや絞り値も
ピントを合わせた場所に合わせて、自動的に測定されます。

 

<オートフォーカスした場所>

・左の写真は後ろの壁や機材あたり
・右の写真はツリーの部分
だいたい赤い◯をつけた部分です。
ピントを合わせる部分を変えるだけで明るさなどが大きく違います。

 

【この方法は使えるの?】

この方法は、
携帯電話(スマートフォン)内蔵カメラや、コンパクトカメラですと、
かなり使える方法です。

コンパクト(携帯電話)カメラですと、
強制的にプログラムオートでの撮影となりますので、
ほぼ確実に、背景のボケ具合が少なくなります。
むしろデジタル一眼レフカメラの性能を超えることは、現実的に不可能です。

とはいっても、技術は日々進歩しておりますし、
速報性を求めるには携帯電話(スマートフォン)内蔵カメラは最強です。

 

<コンパクト(携帯電話)カメラを逆手に使ってみよう>

オートフォーカスの場所を上手くコントロールするだけで、
デジタル一眼レフのレベルとまではいかなくても、
見ごたえのある写真を撮影することは十分に可能です。

主にフラッシュでは光の量が足りないというときは、
あえて雰囲気を変えて撮影するという方法も有効かもしれません。

 

これをうまくつかうと、いろんなシチュエーションの写真が撮れ、
普段比の3倍以上楽しめること間違いありません^^

何卒ご参考にしてください♪

フォロー大歓迎です!


■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA