高い解像度の写真は原本で保存しよう! 〜使う目的によって使う解像度が異なる〜

もしあなたが、
画像や写真をあらゆる媒体で活用しようと思ったなら、
この記事は「解像度の基礎知識」として、参考になることでしょう。

まずいきなり
「解像度」という言葉が出ましたが、
「それって何ですか?」という疑問があろうかと思います。

実は写真には、この解像度というのが存在します。
同じ大きさの写真でも、データの量が異なる理由として、
「解像度の違い」というのが一つにあげられます。

 

【そもそも「解像度」とは?】

細かい説明は省き、簡単に説明しますと、
「1インチに入っているドットの数」で、
単位にしますと「dpi(ドット・パー・インチ)」です。

具体的には

ドットの数がどれだけあるか=dpi(ドット・パー・インチ)

となります。

解像度の細かい知識や定義は、あることとと思いますが、
ここでは「解像度のおおよその意味」としてご理解ください。

この解像度ですが、デザインにおいては、
画像をどこに使うか(利用目的)によって異なります。

この数字ですが、
「小さければ小さい」ほど「粗く」なり、
「大きければ大きい」ほど「細かく」なります。

解像度 dpi 画像 写真

【解像度の基本的な目安】

・「web上」で使う場合
72〜96dpi(ドット・パー・インチ)

・「ポスター」で使う場合
150〜250dpi(ドット・パー・インチ)

・「広告など商業印刷」で使う場合
300〜350dpi(ドット・パー・インチ)以上

と言われております。

なお、ポスターや広告など商業印刷に使う場合は
印刷する業者によって、解像度の指定が異なりますので、
細部は各自必ずご確認ください。

もちろん、
解像度であるdpi(ドット・パー・インチ)数が多いと、
同じ写真の大きさでもデータ量が多くなります。

 

【高い解像度の写真は原本で保存しよう】

初めの段階で「高い解像度や大きなサイズでのデータを持っている」場合は、
必ずそのデータは原本とし、使う際は複製して使うほうが良いです。

後日、再使用の際にこういう写真がなかったら面倒なので。

 

【低解像度でも画像が荒れずにできる最終手段】

逆に低解像度の場合ですが、応用次第では、
Photoshopなどの画像編集ソフト(一部)で、
ある程度まで画像が荒れずに大きくする裏ワザも使えるが、どうしても限界が生じます。

なので、非常最終手段として参考までに。

フォロー大歓迎です!


■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA