プレゼン目的で写真撮影する際の「大切なポイント」とは?【デザイン】

もしあなたが、
写真を撮影する際、どういう目的で利用されますか?

ここで
「単なる観賞用のためです」
と答えた方は、風景全体をみながら撮影するだけで良いので、
ここから先はざっと読むだけで十分です。

しかし、
撮影する目的が
「プレゼンテーションやホームページなど、素材として使う」
という方は、これから先の記事をご覧ください。

 

【撮影する前に準備するもの】

準備するものは

・カメラ

お手持ちの携帯電話かスマホ(スマートフォン)内蔵カメラなどです。

もっとガッツリと撮影したいという際は、
デジタルコンパクトカメラや、デジタル一眼レフカメラがいいですが、
手軽さでいうと、
携帯電話やスマートフォンのカメラ機能で十分に機能します。

 

・画像編集ソフト

今回の記事では「無料ソフトを使う」ことを前提にしております。

 

【撮影の際の大切なポイント】

それでは撮影する際のポイントは何かというと

・「文字を入れる」という前提において、構図を考え、写真を撮影する
・ 画質は設定できる範囲での最高画質(高画質でもいいが、目的次第でお選びください)

ことです。そこで多くの方は
「書いていることそのままやん!」
と感じているのではないかと思います。

 

【撮影の具体例 1】

先にこちらの写真をご覧ください。

プレゼンテーション ホームページ 文字 写真

背景が複数の色で構成されたところに、写真に文字を入れると上の写真の感じで、
ちょっとゴチャゴチャしていて、見づらいと思います。
写真によっては、文字色を変えても、背景の色の影響で解決しない場合もございます。

もし、この写真をプレゼンテーションなどで使う際は、
写真内には文字を入れず、外側に文字を入れた方がまだ見栄えが良いかと思います。
(ただし、プレゼンテーションの場合は、統一性は持たせるといいでしょう)

 

【撮影の具体例 2】

次に「文字を入れることを考え撮影した場合」の写真です。

プレゼンテーション ホームページ 文字 写真

(2枚の写真とも photo by H.Yoshida)

背景をできるだけ色を少なく(単色がベストです)していくと、
こうして簡単に文字を入れることができ、目立ちやすくなります^^
あとは、背景の色を見ながら、文字色を考えるだけです。

もしプレゼンテーションを作る際も、
一番大きい写真サイズでスライドを作ることが可能です。
自身で撮影する方は、お役立てください。

また、プレゼンテーション以外の目的でも、同様に文字を入れる場合でも使えます。

 

【追記 素材サイトで探す場合のポイント】

もし撮影しないで、素材サイトで探す際、
「背景が単色になっている範囲が広い写真」を選ぶことをお勧めします。
そうすることで、使い勝手がよく、あらゆる場面で使用できます。

フォロー大歓迎です!


■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA