講演会セミナーなど撮影時、必ず抑えておきたい2つの大切なポイント

もしあなたが、
イベントやセミナー時にデジタルカメラ(携帯やスマートフォンのカメラも同様です)
で撮影する際、ちょっとだけ注意する必要があることをございます。

これを気をつけるだけで、今後の運営の円滑化と同時に、
より良い人間関係やコミュニケーション、信用度がアップできます。

 

【セミナー主催者は「肖像権」「知的財産権」を意識しよう】

セミナー開催する時、
手軽な保存方式として写真撮影したり、今後のことを考え、
ビデオカメラなど
動画で撮影する事もあろうかと思います。

主催者ですと、
動画用の素材はもちろん、セミナーの開催実績など、
ビジネスにおいて、
大きな進捗のきっかけに役立つために撮影していることもございます。

しかし、撮影の際に意識する必要がある大切な法律がございます。

それは・・・

「肖像権」

「知的財産権」

です。
この2つについて簡単なポイントをお伝えします。

 

【「肖像権」の簡単なポイント】

肖像権についてのポイントを言いますと

「本人(被写体)に、無断で参加者の顔を出さない事」

です。

(※ここから先は一般的な内容で書いておりますので、
「肖像権」に関する細かい法的定義は

直接、弁護士、司法書士等の専門家にお聞きください。)

 

参加者の中には時々、

「実はわたくし内緒でセミナーに参加しました・・・」

という方も実際にいます。
あと、セミナー以外でよくあるケースは

「著名人(有名人)とのプライベートショット」

です。

特にメディアによく出ている人は、先方に確認するのが一番でしょう。
場合によっては写真撮ってくれるも、
「インターネット(ソーシャルメディア)に掲載するのはお断り」
というケースもございます。

最近、インターネットやソーシャルメディアが当たり前な時代、
ちょっとの配慮を間違うと
「知らぬうちにアップされていた」となり、
最悪の場合、事態の収拾がつかなくなる可能性が高まります。

更には一度アップされ、出した張本人が後で削除しても、
違う第三者が写真自体のデータを持って帰って(保管)いたら、
その第三者が投稿したりして、二次被害が簡単に起こり、モグラ叩き状態になります。

 

【「知的財産権」の簡単なポイント】

知的財産権に簡単なポイントとしては・・・

「プロジェクターに映し出すプレゼンデータ」や「配布資料」のことです。

厳密には表紙も違反になるが、
多くの場合は「プレゼンデータや資料の中身を撮影して外部にシェアした場合」です。

中身の情報はそれぞれノウハウ情報などがあり、中には機密契約など、
外部流出には常に警戒しているのが現状です。

また、プレゼンや資料も一部だけシェアすると、
本来伝えるべき情報が歪んでしまい、間違って伝わったりするなど、
趣旨から外れてしまうケースも予想されます。

そのため、無断でシェアすると面倒になるので、
これも、主催者に必ず確認をしていくことで回避できます。

 

【主催者としてどんな配慮をすればいいのか?】

もしあなたが主催者の場合、
最低限、開始前まで「撮影について」事前に伝えた上で、
「掲載に問題がある際は、個別にご連絡ください」と必ず、最低限お伝えしましょう。

また、もしアップする際には、
どこのサイトかを含む「掲載場所と目的」をお話しすると、
より安全かもしれません。

実は「Facebookのタグ付け」という機能も、安易に使いがちですが、
相手の了解を得ずに黙って行うと、
場合によっては、大きな問題に発展する可能性が高まります。
(一番確実なのは、見かけたら「事前に許可を得る」か
「ご自身でタグ付けして下さい」かと・・・。)

私もよくセミナー関係の写真を撮りますが、
後方から撮影するのもその理由です。
後ろ姿の写真は、ほとんどの場合で顔(参加者)が特定されないという意味から、
了解していただけます。

 

【公の場に公開する場合などは・・・?】

しかし、ブログやホームページなど
不特定多数が見る、公の場に公開する場合は、
顔出し写真は、必ず事前に了解を頂くことです。

「写真素材として使う」という場合、
肖像権に絡む際は当事者同士で話し合う(書面が一番ですが・・・)ことで済むことが多いです。

しかし「商用(PIXTAなどの有料素材サイト)での利用」や「写真コンテスト出展」の場合は、
現在は「トラブル回避目的」により、
主催者側は口頭許可ではなく、書面提出が多くなっております。

 

そんなことで、撮影の際には十分気をつけて、
気持ちよく公開しましょう。

 

<コラム>

「関係者以外、会場内撮影禁止」という場合は?

この場合は撮影しない方がベターです。
特に開催時間中はなおさらです。

仮に、諸事情で撮影するとしても、
開始前で、場所が特定されないように配慮しておきましょう。
開始後や、場所特定されると問題が起こりやすいので。

考えることは「どうしてNGなのか」という理由を
お客様の場合は主催者(運営者)の立場に置き換えると早いでしょう。
それでもわからないのであれば、自己責任の範囲で関係者に聞いてみるのが一番です。

 

 

■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://www.reservestock.jp/stores/article/10936/21438



■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)


■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Facebookページ好評公開中!
https://www.facebook.com/kigyouka.photo/

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi


【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon公式サイト


About designoffice 351 Articles
【お客様に選ばれる写真を撮るプロフィールカメラマン】 過去、人物写真など延べ3桁以上撮影し、セミナー申込者数8倍アップなど劇的な成果をもたらす。 使命は「起業家の後方支援として写真でビジネスを応援する」こと。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA