「Google認定フォトグラファー」を目指すために必要なものとは?

私は「Google認定フォトグラファー」として
Googleから公式に認定受けております。

そんな中、もし「Google認定フォトグラファーを目指したい!」という方は、
簡単ながら必要なものとポイントをまとめたので、ぜひ参考にして欲しい。

*注意
少し大雑把に書いていますが、
パソコンやスマートフォンの基本操作ができることが前提となっています。
わからないという方は、申し訳ないが先に操作スキルを学んでください。

 

 

そもそも「Google認定フォトグラファー」とは?

正確には「Googleストリートビュー認定フォトグラファー」といいます。
こちらは、Googleマップで見かける、
「360度写真を一定数投稿」し、一定審査が通った人だけが頂ける資格です。

 

「Google認定フォトグラファー」の認定受ける基準は?

19.10.1現在、360度写真を50枚以上が基準です。
ここでポイントなのは「50枚以上」であって、「50箇所以上」ではありません。

極端な話「10箇所5枚ずつ」「50箇所1枚ずつ」でもいいです!

 

投稿の際必要な画質は?

「7.5MP(3,840×1,920ピクセル)以上」など細かい基準がございますが、
Googleで推奨している機材を使っている限りは問題ございません。

 

「Google認定フォトグラファー」になると得られるメリット

・Google認定というお墨付きが頂けるので、信用度が変わり、差別化が可能

・認定フォトグラファーのリストに登録できる

・認定バッジの利用が許可されるので、ルールに基づきあらゆる発信メディアで使える

 

 

「Google認定フォトグラファー」になるために必要なものとは?

公式サイトにいろいろと掲載してますが、ここでは手軽に購入できるものをシェアします!

 

Googleにログインするためのアカウント(メールアドレス)

これがないと始まらない!
今持っているアカウントをそのまま使うのもできるし、新たにアカウントを作るという方法もある。
なので、Googleストリートビューに使うアカウントを1つ用意しておくこと。

 

360度カメラ

360度カメラは、以下のいずれか1つでOKです!
デジタル一眼レフでも撮影は可能であるが、
確実かつ手軽に行うなら、360度カメラの方がずっと良いです!
新品が一番ですが、中古でもレンズなどキズがなかったら問題ございません。

Insta360 ONE X

RICOH THETA V

RICOH THETA SC

 

スタンド付一脚

カメラマンなどで、もし三脚持っている人はそのまま使って問題ありませんが、
持ってない人はこれを機に、1本買うと良いです!

また実際に案件で撮影する際、
スタンド付一脚で360度カメラ撮影すると余計なものが入りません。
ちなみに、頭上から撮影もできますが、
少なくても手などジャマが入るので、案件撮影としてはオススメしません。

スタンド付き一脚で代表的なものはこちらです

Velbon スタンド型一脚 Pole Pod EX 4段/2段 レバーロック 脚径23mm/17mm 小型 3Way雲台 クイックシュー対応 アルミ脚 372482

同じ系統の商品は数多くあるので、ぜひあなたに合うものをお選びください。

 

アプリケーション

Googleストリートビューに投稿する際に必要なアプリですが、これがないと始まりません!

・Googleストリートビュー公式アプリ

Google Play(Android)

App Store(iPhone)

・その他

360度カメラを購入したメーカー公式のアプリ

これも必ず入れておくこと。
リンク先は、購入時に掲載されているので省略します。
*メーカー公式のアプリは、基本リモートでシャッターが切れる機能が入ってます。

 

 

準備できたら撮影へGO!「・・・で、何から撮ればいいの?」

まずは、Google認定フォトグラファーを目指して撮影するだけです!
とはいえ「何から撮ればいいの?」と思う方も多いはず。

大きくは以下の方法で撮影枚数を増やしていくのがいいかと。

 

撮影の方法

代金はいらない「枚数稼ぎする」ための撮影なら、
頭上からの撮影で十分である。

今後、代金を頂いて案件撮影するなら
「スタンド付き一脚持参で撮影」するのがベストである。

 

公共施設や公園、コンビニの外観

公共施設や公園、コンビニの外観は
撮影に厳しくない傾向なので、練習兼ねて撮影するのが一番。

ただし、中の撮影となると、オーナーなど許可が必要となるのでご注意を。

 

知人などのお店(内外観)

もし知人がいたら、ぜひご協力いただきましょう!
もし、Googleマイビジネスに登録されているのであれば、前のめりにぜひ!

 

撮影する際の注意点

・リモートで撮影の際
リモート対応距離や、隠れることが可能な場所の選定なども考えること。

・外での撮影
360度カメラとスタンド付き一脚では風に弱いので、対策も考えておくこと。

 

 

撮影したら「Googleストリートビュー」にアップしよう!

撮影したらぜひ
「Googleストリートビュー」アプリで撮影データをアップしましょう!

アップの際、顔をぼかす、写真の合成など各種機能が入ってますが、
ここでは細かい操作は省きます。

 

アップする際の注意点

・繁華街など、人が多く写っている際は、顔をぼかすこと
通行人など顔が写っていると、アップ後Google側で却下される可能性が高い。
仮に運良く採用されても、第三者が通報されると、そこでアウトになるので、確実にチェックすること。

・可能である限り、ナンバープレート、プライベート丸出しの品物もボカす
ナンバープレートはもちろんだが、
周りがマンションだと洗濯物が出ていることもあるので、細心の注意を払う。

・アップしたらGoogle側でチェックしてからアップされる
アップしたらすぐに掲載ではない。
基本Google側でチェックしてから掲載される流れだが、約1〜2日かかると思った方がいい。

 

 

50枚撮影し、アップ完了したら・・・

登録アカウント(メールアドレス)に認定の通知が届きますが、
先に設定画面の「委託可」というところを、必ずオンしてください。
*50枚達成後、オンオフの設定が可能です。

ここでオンにしたら、
Googleから認定フォトグラファーに関するメールが届きますので、
あとは必要事項登録して、気長に1ヶ月ほどお待ちください。

しばらくすると、認定フォトグラファーのリストに登録され、
認定バッジなど利用が可能になります。

 

ぜひ以上のやり方を参考にして、あなたも目指してみてはいかがですか?

■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://www.reservestock.jp/stores/article/10936/21438



■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)


■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Facebookページ好評公開中!
https://www.facebook.com/kigyouka.photo/

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi


【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon公式サイト


About designoffice 351 Articles
【お客様に選ばれる写真を撮るプロフィールカメラマン】 過去、人物写真など延べ3桁以上撮影し、セミナー申込者数8倍アップなど劇的な成果をもたらす。 使命は「起業家の後方支援として写真でビジネスを応援する」こと。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA