商品が2種類あるなら、それぞれ「別なメニュー」で考えよう!

当たり前のことかもしれないが、
特に起業初期の人は意外と一緒にしている人が多いので、これは要注意!

大きくやることが同じでも、
ターゲットが異なるなら商品は別に分けるべし。

 

たとえば、あなたが写真撮影をしていて、

・プロフィール写真撮影
・宣材写真撮影

の撮影をやっていたとする。

 

「写真撮影」自体は同じで、メニュー見ても一見同じに見えるが、
撮影する内容が異なる。

この場合のターゲットをオーナーに聞いたところ

プロフィール写真は「起業家」
宣材写真は「タレント、アイドル」

である。

 

さらに突き詰めると、それぞれのゴールも異なる。

プロフィール写真は「印象アップ、売上アップ」
宣材写真は「募集オーディションなどの通過」

となる。

要するにこの場合、2つの商品は一緒にできないのである。

 

商品化する際は、ここから考え、
「メニュー設定」「価格設定」や「リサーチ」などもやっていく。
(もちろん説明も必要です!)

 

ただし、一つだけ一緒にして良いことがある。
それは「あなたの撮影実績」である。

それぞれで撮影すると「実績」としては残るので、
場合によっては転用は可能で、プロフィールなどに堂々と残せるのである。
(撮影実績、お客様の声、ビフォーアフターなど)
その他、コンテスト入賞実績など。

実績やお客様の声を集めると、
今後のメニューや価格設定や方向性なども検討しやすくなる。

 

ちなみに私も写真撮影のメニューは4つに分けている
(下の2つは説明省く)

・プロフィール写真(30〜45分)
・プロフィール写真+(室内等)スナップ写真(45〜60分)
・セミナー、講演会写真
・イベント写真

特に、太文字にした上から2つは、似ているようで実は違っていて、
「プロフィール写真」プランは純粋にプロフィール用写真のみ。

「プロフィール写真+(室内等)スナップ写真」プランは
プロフィール写真と、室内などの雰囲気を撮影(簡易的)。
要はHPの宣材やクーポンサイトなどで使いたい方向けである。

お客様側も何があるか明確かつ分かりやすくすることで、
選択しやすくなるので、ぜひメニューから考えて欲しいところである。
ぜひ一つの選択肢として参考にしてほしい。

 

 

■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://www.reservestock.jp/stores/article/10936/19190



■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/
■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)


■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg

■Facebookページ好評公開中!
https://www.facebook.com/kigyouka.photo/

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi


【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon公式サイト


About designoffice 286 Articles
【お客様に選ばれる写真を撮るプロフィールカメラマン】 過去、人物写真など延べ3桁以上撮影し、セミナー申込者数8倍アップなど劇的な成果をもたらす。 使命は「起業家の後方支援として写真でビジネスを応援する」こと。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA