主要メーカーのプロサービスは簡単に入会できません! 〜プロサービス資格の条件とは?〜

カメラメーカーの各種プロサービスだが、
特に対価をいただいて活動するカメラマンにとっては、
一つの憧れでありステータスになる。

そんな中、主要メーカーのプロサービスに関して、最低必要条件をまとめた。
(*こちらでは概要となるため、細部は各サイトでご確認ください)

これらの申請の共通点(前提)

基本、趣味で写真やっている方、アルバイト、写真学校などの学生は対象外であること。
機材、レンズ保有条件に関しては、
当然だがメーカー純正(タムロン、シグマ、トキナーなど、純正以外のレンズメーカーは対象外)であること。
*実績に関しては後述

主要プロサービスの最低入会条件

<Nikon(Nikon Professional Service)>

・カメラ本体3台以上
・レンズ5本以上
・随時受付
・対面のみ
・申請日から6ヶ月前までの実績3点以上
・NPS会員(1年以上在籍)からの推薦
*プロしか入れないNPS指定の写真団体入会者は実績と推薦は不要
*申請書類は公式サイトでダウンロード可能である

<Canon(Canon Professional Service)>

・カメラ本体3台以上
・レンズ5本以上
・年4回の締切のみ受付審査
・対面のみ
・CPS会員(2年以上在籍)からの推薦
・申請日から6ヶ月前までの実績2点以上
*実績は公式サイト上「非公開」で他サイトからの情報から取得
*申請書類も直接受取のみ

<SONY(SONY Professional Service)>

・カメラ本体2台以上
・レンズ3本以上
・随時受付
・面接はネット上でも可能
・推薦なしで可能
・申請日から1年前までの実績3点

<各プロサービスを比べて>

さすがプロサービスなので、共通してハードル高く、厳格な基準で対応している。
NikonとCanonは全世界に知れているカメラメーカーで、歴史も長いだけに申請のハードルがより高いです。
SONYはミラーレス一眼になって出てきたメーカーなのと、
カメラとしては歴史が浅い(ビデオカメラは最強かと)のもあり、ハードルが低いように思えます。


申請時の壁である「実績」と「推薦者」とは?

<「実績」の考え方>

どんなに「実績あります!」といっても、申請時に明示できないと門前払いで終わる。
まず、個人向け撮影(プロフィール、家族など)は、プロサービス審査上では基本「カウント外」になる。
多くの場合、その家族や個人使用がほとんどで、せいぜいソーシャルメディア上でのシェアまでで終わる。

ここでの実績は、
基本「広告」「雑誌」「ウェブ(SNSは除く)」など多くの人に発信されている媒体に写真掲載されていることで、
その媒体において撮影した証拠が明示できたのが実績としてカウントとなる。
写真データなどはUSBメモリなどにまとめて準備しておくこと。

<実績と同じくらい大きな壁「推薦者」とは?>

ニコン、キヤノンのみ該当となるが申請時は「推薦者」が原則必要である。
同じメーカーを使っているプロカメラマンに師事していたなど、
身近にそういう方がいたら問題ないが、いない場合は見つけること自体大変。
ましてや、推薦者といっても
プロサービス入会年数が一定期間必要となるため、入会したばかりの会員からの推薦は使えないのである。

先日私もNPSに無事入会できたが、
推薦者(毎年撮影の協力をしている写真館オーナー)が知り合いにいたおかげで、申請が早くできた。

その他、共通して必要な提出書類など

・身分証明書類(免許証など)
・顔写真
・開業届、確定申告の控
など、プロサービス側で指定された書類を持参する。


書類を揃えたら早めに申請、面接を!

書類を揃えたら、速やかに面接を行うよう進めること。
理由は、申請日現在の実績情報がカウント対象なので、あまりに遅いと実績数の変動が起こるためである。
(増えるなら問題ないが、減る場合はご注意を)

書類提出時、現地で面接を行い、しばらくしてメール(書面)などで審査結果が届く。
審査結果、承認されたら、入会費、年会費などを指定口座に払って手続完了。
後日晴れて会員証などが届く。
*ソニーの場合はウェブ面接もあるようだが、コロナ対策としてかどうかは不明のため、詳細は直接ご確認ください。

プロサービス入会したら、どんな待遇になるのか?

これらのプロサービスに入会すると、まずは一般ユーザーよりも待遇が良くなる!
以下の手続きはすべて「プロサービス」のカウンターで対応となる。

待遇に関しては各メーカー異なるが、主に以下の通りである。
・登録した機材類の点検清掃代割引
・登録した機材類の修理代割引
・修理期間中の代替機材優先貸出
・購入予定機材レンタル
・独自グッズの購入
・プロストラップ支給(条件あり)
など、一般のお客様よりも手厚い対応となる。

*「プロストラップ」に関して(Nikonの場合)
購入1年以内(メーカー保証期間内)の一眼レフ、ミラーレス一眼が該当となり、
購入時の同梱ストラップ(使用の有無は関係なし)と無料交換
になる。
また、サービスセンターのみ対応となり、転売しない旨の誓約書を書いて交換となる。
交換後は保証書にもストラップ交換した旨記載される。


最後に

もしあなたが、何らかの対価をいただいて活動しているなら、
このプロサービス資格は活用の有無は別にしても、持っておいた方がずっと良いです!
使い方次第では、ブランディング効果なども含み、少しは差別化できるはずだから。

*注意
プロサービス申請など詳細について
2021.5.1現在の情報なのと、新型コロナにより、手続きが煩雑するケースがあるため、
申請前に一度、各メーカーのプロサービスセンターにお問い合わせしてご確認ください。

フォロー大歓迎です!


■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://enjoy-eagle.net/design/selfmagazine

■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)

■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://enjoy-eagle.net/design/youtube

■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/yoshida_proflab

【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト