<お知らせ>
好評いただいていた東京コロナショックシリーズですが、
「渋谷」「原宿表参道」「新宿」「浅草」「銀座」バージョンの5冊は
2021.7.8をもって終売とさせていただきます。
今後は「総集編」と「番外・大阪編」の2冊のみとなります。


日本全土が混沌の日となった2020年2月26日。
政府が新型コロナウイルスにより、イベント中止・縮小を要請した日である。
この日は、東京や大阪のライブが開催数時間前に当日中止と前代未聞の事態になった。
そして翌日は学校の休校要請があった・・・。
卒業式や入学式は、中止、最小人数での短縮開催、屋外での実施、
会社の出社もテレワークや、休業、テイクアウト、ランチ販売など、
今までとは全く違う状態に戸惑いと混乱が起こった。

全国的に外出自粛の動きがあった中、東京都内も例外なく静かになった。
「電車はじめ交通機関が閑散」「飛行機はほとんど欠航」「イベントは完全中止かオンライン化」
「渋谷のスクランブル交差点」「原宿竹下通り」「新宿歌舞伎町」「銀座三越周辺」「浅草雷門周辺」「東京駅丸の内口」
どこ行っても、人が少ない・・・

あの賑やかな東京都心だったはずが・・・

普段ではほとんど見ることがない、4〜5月及び8月、お昼の静かな東京都心と、
番外編として12月の大阪市を撮影し、今回は背景資料集としてリリースしました。
ご覧ください。

【電子書籍購入をお考えのあなたへ】
納得して、ご満足していただいた上での購入をお勧めしております。
そのため、背景資料集写真の中身すべてをネタバレしたサムネイルもご用意しておりますので、
購入前の検討にご覧ください → こちら


総集編

「渋谷」「原宿表参道」「新宿」「浅草」「銀座」と、
「丸の内」を加えました。
・撮影日 2020年4月14日〜5月2日、8月14日、8月30日
・丸の内エリア撮影日 2020年5月13日
・掲載枚数 540枚

大阪コロナショック(番外編)

12月に撮影した大阪市内(なんば、道頓堀、通天閣の各エリア)を番外編としてリリースしました。
・撮影日 2020年12月9日、12月13日
・掲載枚数 62枚