ヘッダーが本文よりも重要である理由【デザイン制作No.017】

先月下旬に、前にブログバナー作成でお世話になった、
ササキカイチさんから

「もっとセールスレターの反応率を上げるため、
新しいキャッチコピーを作成したので、
セールスレターのヘッダーをデザインしてほしい」

ということで、作成のご相談がありました。
ホームページ本体は、SOHOの方に作っていただいたのですが、
いまは、その方がいらっしゃらないということで、お願いしたいという流れでした。

デザインはあくまでも一つの手段ですが、
見る側にとっては、第一印象を重視されてしまいます。
その中でも・・・

トップヘッダーは、まず一番はじめに出てきます。
そして、このトップヘッダーから、
次のステップへ進むかどうかが決まります。

遠方のため、Skypeで打ち合わせした時の希望として

・ヘッダー全体が一目で見れるようにしてほしい

・もっとサーファーを引き出してほしい

・キャッチコピーを2通り作ったので、それぞれ作ってほしい

ということで、ブログのバナーに続いて、リピートのご相談があったので、作成しました。

こうして作成したバナーの第一案はこちらでした。
(※2通り作成していますが、そのうちの一つを掲載します)

ホームページ セールスレター ヘッダー画像周辺の黒枠は、
「いま使っているセールスレターを活かした上で、ヘッダーのみ入れ替えたい」
という要望だったので、ホームページに合うように作成しました。

そして、パソコンでみれるよう縦幅を縮めましたが、
これではまだヘッダー全体が一目で見れないため、
修正を加えました。

そして修正後のヘッダーはこちらです。
(下の画像をクリックするとセールスレターにリンクされますが、ヘッダー部分をご覧になることができます)

ホームページ セールスレター ヘッダー

パソコンから見る場合は、画面の解像度によりますので、
「これだ!」という正解はありません。
しかし、セールスレターの場合は一目で見ることができる
基本サイズがあるため、
これを守ることで、見る側の反応がずっと良くなります。
そして、次のページへとお客様は関心を持って進みます。

【作成にあたって・・・4つのポイント】

・画面にヘッダーがすべて入り、一目で見れるよう、画像サイズ(特に縦幅)を意識

・「商品を購入してどうなるか」というイメージから、サーファーを右側に寄せた

・現在のホームページで利用するため、画像の細かい左右の位置を意識した

・同時にPNGで作成し、左右は透過した

 

これを考えて、無事に納品となりました。
あと、ホームページの更新作業もありましたが、
ヘッダー画像に合わせたホームページのデータを作成して一緒に納品となりました。

 

■好評いただいている「本音ブログ」はこちら!!■
https://blog.enjoy-eagle.net/

■新しくなった「セルフマガジン」はこちら!!■
https://www.reservestock.jp/stores/article/10936/21438



■起業家の後方支援 プロフィール写真撮影(販売ページ)
https://enjoy-eagle.net/

■プロフィール写真撮影(撮影の雰囲気をノーカット版)


■写真撮影メニュー及び価格表
https://enjoy-eagle.net/design/photo_price

■YouTubeチャンネル絶賛公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC5EVbeG3aFDMlyd7NbkI2eg


■Twitterフォローお気軽に!(フォロー返しします!)
https://twitter.com/enjoy_yoshi


【サーバー代の足しにしたいので、寄り道にぜひお買い求めください!】
Amazon Kindle 電子書籍
Amazon公式サイト


About designoffice 378 Articles
【お客様に選ばれる写真を撮るプロフィールカメラマン】 過去、人物写真など延べ3桁以上撮影し、セミナー申込者数8倍アップなど劇的な成果をもたらす。 使命は「起業家の後方支援として写真でビジネスを応援する」こと。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA